2017/09/18

ドイツで一番古いステンドグラス


Ciao!

今回は、ドイツで一番古いと言われているステンドグラスのある、アウクスブルク大聖堂の訪問記だよ。

アウクスブルクはミュンヘンから電車で40分ほどの小さな街・・・あ、今wikiを見にいったら、「バイエルン州で三番目の規模を持つ大都市」って出てた(笑)意外と大きい街だったみたい。

さて、この町を訪れた理由はただ一つ。11世紀後期から12世紀の作で、ドイツ最古といわれているステンドグラスがあるから。

教会は、地図では町はずれにあるから、行きはトラムで行ったんだけど、中央席から実際は歩ける距離だったよ。だから、実感としてはやっぱり小さい街だな。

天井がたかく、窓の広いゴシック様式の教会の中には、美しいステンドグラスや、古い聖母像、ホルバインさんの祭壇画などなど目を引くものはいくつもあったんだけど、お目当てのドイツ最古のステンドグラスというのがどうしても見つからなかったんだ。

立派なステンドグラスを持つ礼拝堂

14世紀の聖母像

ハンス・ホルバイン(父)の祭壇画

ドイツ最古のステンドグラスを見るために40分かけてミュンヘンからきたわけだから、意地でも見てやる!と思って、教会内にある秘宝館(卑猥なヤツじゃなくて、真面目なやつね)のスタッフに場所を聞きに行っちゃった。

そして、やっと出会えたステンドグラスが下の5枚。

モーセ

ダヴィデ王

預言者ホセア

預言者ダニエル

預言者ヨナ

側廊の壁の窓ばかり見てたんだけど、実際は身廊の天井の近くにあって、何度も下を通ってたのに全然気づかなかったんだ。

身廊の南側の天井付近にあるよ

高くて暗い場所にあるから、肉眼で細かいところまで見るのは難しくて、カメラで撮ってからモニターで拡大してやっと詳細が見れた感じ。正直、古さとか歴史をじかに感じるには距離がありすぎた感じ。

とはいえ、11世紀(約1000年前)のものが今も教会を飾ってるってすごいよね。しかもショーケースに入ってるわけじゃなくて、今も窓枠にはまって使われてるんだから。

さて、ステンドグラスの場所を聞いてしまった手前、秘宝館も行かないと感じ悪いかな?と思って、秘宝館の方もステンドグラス鑑賞後に行ってきたよ。(秘宝館ってうとどうしても卑猥に聞こえちゃうから、宝物庫の方がいいかな?)

「我ながら律儀だな~、いい人☆」と自己満足に浸りながら宝物庫に入ると、先ほどステンドグラスの場所を教えてくれた女性が再び迎えてくれ、なぜか、「受付では学生と言いなさい」との指示(笑)

「あの・・・学生じゃないんですけども・・・」と言ってはみたものの、「大丈夫よ。学生って言いなさい」と言われ、ただただ戸惑うのみ。受付でもその女性がレジの人の後ろからこっちを見てたから、僕も逆らえず「学生です」って言っちゃった。

律儀にお礼をしに行ったつもりが、なんだよこの罪悪感!こっちは気の小さい小市民なんだよ。1ユーロの割引でこんな罪悪感もらいたくないよ!と、モヤモヤした気持ちで、女性のご厚意を受け取りました。

さて、宝物庫の目玉は、この11世紀の金属製のドア。

教会にあるけど、ギリシャ神話がモチーフに。

そして、16世紀のカール5世の兜。



でも、これはカール5世の1周忌の行事で記念品として作られたものなんだって。だから実際にカール5世が使っていたものではないらしいよ。


【アクセス】
アウクスブルク大聖堂 Hoher Dom zu Augsburg
アウクスブルク駅から徒歩20分
トラム:駅からKönigsplatzまで徒歩5分。そこからトラム2番で5分。


最後にちょこっとアウクスブルクの見どころをご紹介。

市庁舎広場
市庁舎にはドイツらしい双頭の鷲の紋章。

Weberhaus 
何の建物かわからないけど、目立ってたよ

アウクスブルク劇場
手前のお父さんにピントがあっちゃってるね(笑)

【おまけ】
帰りの電車で気づいた面白い地名

英語だと「接吻」駅
ドイツ語ではどういう意味なんだろう?

さて、今回はここまで。
それじゃあね!Ciao!



twitter:らふぁえろ@raphael_act

応援のポチもお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2017/09/15

オランダの伝統衣装考察

Ciao!


今回は、オランダの伝統衣装について考察していくよ。

オランダの面積は九州くらい、人口は東京都と神奈川県を合わせたよりも少ないけど、文化の多様性はなかなかのもの。

伝統的な文化についても地域特性がかなり強いんだ。全国的な民族衣装もなくて、地域ごとの伝統衣装にもかなりの多様性があるんだよ。

今回は、アムステルダムにある伝統衣装博物館(Het Klederdracht Museum)で紹介されてる伝統衣装を中心に紹介していくよ。

【伝統衣装博物館アクセス】
Het Klederdracht Museum(Dutch Costume Museum)
住所:Herengracht 427, 1017 BR Amsterdam, Netherlands

公式サイト
ミュージアムカード使用不可


オランダの伝統衣装で一番有名なのは、下の写真の女の子の様な白いレースのボンネットや三角形の帽子とエプロンの姿だと思うんだけど、


オランダのお土産物屋さんでよく見る置物

このファッションはアムステルダムのある北ホラント州でよくみられるタイプの伝統衣装なんだ。

ただ、同じ北ホラント州に属していても、村独自の伝統衣装がある場所もあるから、上の置物の服装が一概に北ホラントの伝統衣装と言い切れないのも難しいところ。

例えば、アムステルダムから遠くないマルケンという漁村の伝統衣装はかなり異国情緒あふれるデザイン。

マルケンの伝統衣装

カラフルな衣装には、外国の布地がふんだんに使われているんだって。


マルケンの伝統衣装
エプロンの胸当て部分は外国との交易で手に入れた布地が
使われてるんだって

伝統衣装というと地域の織物を使って仕立てられていると思うかもしれないけど、交易国オランダにあっては、伝統衣装の生地として外国の織物を使っていることもしばしば。


一方で、Made in 地元にこだわる地域もあるよ。

オーバーライセル州のスタッポールストでは、黒い布地を地元で染めてカラフルな模様をつけているよ。

スタッポールストの女性用の帽子
釘などで作ったスタンプを押して模様を作る


スタッポールトの女性用胸当て
スタンプの模様はかなり複雑で細かい

デザインが飛びぬけてユニークなのは、ユトレヒト州のスパーケンブルグの伝統衣装。この町では、なぜか胸当てがハードな感じに進化。


スパーケンブルグの伝統衣装
90年代のバブル期を彷彿とさせる・・・かも


肩にかけるタイプのカバンは
使うのはあきらめた方がよさそうなデザイン

オランダ北部のフリースラント州の田舎(フリースラント在住の人、ごめんなさい)で、際立つファッショナブルさを見せているのがヒンデローペン。

この街はかつてアムステルダムの商船のオーナーたちと強いコネクションを持っていたことから、アムステルダムに向かう船の寄港地だったんだって。

そのため、ここでも外国産の布地をたっぷりと使った伝統が着られていたんだよ。


ヒンデローペンの伝統衣装

これまで紹介してきたオランダの伝統衣装は今やほぼ越滅危惧種。

村ごとの伝統衣装だから着る人の母数が少ないうえに、現代ではみんなが洋服を着るので、伝統衣装の文化は風前の灯火なんだって。

そんな中で、今も伝統衣装が比較的よく着られている地域がオランダ南西部のゼーランド州。


ゼーランド州の伝統衣装

細かいデザインは街によって違いはあるものの、大きな帽子、金色のヘアアクセサリー、サンゴのネックレスがトレードマーク。


男性の服が地味というのは
全国的に共通してる(笑)

さすがに日常的に来ている人はかなり減っているけど、お祭りの時にはまだまだ出番があるみたい。


ゼーランド州フェーレのお祭りにて
伝統菓子ボーテルバベラースを作る様子
伝統衣装って着るのが大変だったり、髪型もウィッグで整えたりしなきゃいけないみたいだから、それを現代社会で着続けるのは難しいとは思うけど、これからもなくならないで地域で生き続けてほしいな。

さて、伝統衣装の考察はこれでおしまい。
それじゃあね。Ciao!

twitter:らふぁえろ@raphael_act

応援のポチもお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2017/09/12

ノイエ・ピナコテークで19世紀の絵画史を見よう



Ciao!

今回はノイエ・ピナコテークの訪問記。前回の書いたアルテ・ピナコテークから広場と道を挟んだちょうど向かいにある美術館だよ。

アルテ・ピナコテークでは中世から18世紀までの絵画を扱っていたけど、ここノイエ・ピナコテークでは18世紀半ばから20世紀半ばまでの絵画を展示しているよ。

そういう意味では、ここもシュテーデル美術館と同じ比重で、かなりのスペースを18~19世紀絵画にかけてるってわけだね。

しかもこっちは、フロア単位じゃなくて美術館まるまる一棟っていう規模の大きさ。僕らの時代でもあるルネサンスってってなんか虐げられてない?

まあ、シュテーデルの時にも書いたと思うけど、18世紀半ばから19世紀の絵画界は、いろんな主義主張をもったグループが混在していたから、全部見せようと思ったら場所を取っちゃうのは仕方ないんだけどさ。

そんなにぎやかでちょっとややこしい19世紀前後の絵画をまとめて楽しめるようになっているのがこの、ノイエ・ピナコテークなんだ。

そうそう、20世紀半ば以降の作品は、近くの現代絵画館(Pinakothek der Moderne)とブランドホルスト博物館(Museum Brandhorst)に展示されているから、興味のある人は、こちらも行ってみてね。(これら4つの絵画館・博物館の共通チケットもあるよ)


アクセス
ミュンヘン中央駅からバス100番または150番で10分ほど。
ノイエ・ピナコテーク公式サイト
現代絵画館公式サイト
ブランドホルスト博物館サイト



2017/09/08

ミュンヘンのアルテ・ピナコテーク


Ciao!

今回はドイツを代表する美術館、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークの訪問記だよ。

アルテ・ピナコテークは2017年現在大改装中で、3月に行ったときには、1階の大部分と2階の一部が閉鎖中だったんだけど、8月現在は2階部分はほぼ改装が終わっていて、代わりに1階がカフェ以外全て閉鎖されていたよ。

この美術館のコレクションの中心は中世からバロック期にかけての作品。

ドイツだから北方絵画というわけでもなく、イタリアルネサンス期の作品やバロック期のスペイン、ロココ期のフランス絵画など幅広く取りそろえているよ。

アクセス
ミュンヘン中央駅からバス100/150番で10分ほど


2017/09/05

シュピッツヴェークがいっぱい!ゲオルク・シェーファー美術館


Cioa!

今回は、バイエルンの小都市シュヴェインフルト(Schweinfurt)にあるゲオルク・シェーファー美術館の訪問記だよ。

シュヴェインフルトは小さい街だから僕の愛読書『地球の歩き方』にも載ってないんだけど、行き方は簡単。ロマンティック街道の起点となるヴュルツブルクから電車で40分くらいだよ。


アクセスと概要
公式ウェブサイト






2017/09/01

【カフェ】アムステルダムのアイ・ミュージアム



Ciao!

今回はアムステルダム中央駅の裏側から、大運河を渡ったところにあるアイ・ミュージアムのカフェを紹介するよ。

アムステルダム駅の裏側には、今は堤防で封鎖されて湖となったアイ湾と外海をつなぐ大運河が流れてるんだけど、そこを人・自転車・バイク専用の渡し船(無料)で渡れるんだ。


大運河の対岸からみたアムステルダム中央駅

駅側からもよく見える個性的な外観の建物がアイ・ミュージアム。映画と映像の博物館で、映画館にもなってるんだよ。

アイ・ミュージアム。かなりとんがったデザイン。

ミュージアムにはレストラン兼カフェがあって、来館者以外も利用できるよ。オランダ人は夏に太陽の下で食事をしたりお茶を飲んだりするのが大好きだから、夏のテラスは大賑わい。


市内でここまで開放的で立地のいい場所は少ないから、僕も夏になると何回か行ってしまうんだ。

太陽の下で食事なんて焼けちゃうじゃない!っていう人も大丈夫。室内の日かげの席もちゃんとあるよ。



室内も窓が広くて、天井が高くて、普通のカフェでは味わえない開放感があるよ。大運河を行きかう船も見えるしね。



アクセス
アイ・ミュージアム EYE Filmmuseum
公式サイト
レストラン メニュー



とってもおすすめだから、アムステルダムに来た際は、行ってみてほしいな。


それでは、今回はこの辺で。
Ciao!

twitter:らふぁえろ@raphael_act

応援のポチもお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ